鞄鯖戦士はご機嫌ナナメでした。

2016年、5年ぶりにFFXIへ復帰したヘタレです。

 今日のログインその1

「お金がないので新ジョブソロであげてクリゲットうまー作戦」遂行中、同じく新ジョブを上げていた仲良しLSメンバーとばったり。幸い同レベル帯だったのでPT組んでラテでレベル上げを少々。

あうあう、お金ないのですと嘆いていると、「だったらテレポヨトゲットでしょ。いまなら競売で高く売れてウマーでしょ」とその子から神の訓示が。それ決定。

ヨトのクエはカザムで発生するのですが、カザムのクエ発生に影響するウィンの名声は「鞄鯖戦士?なにそれ」。2つしかコンプしていない目の前の現実にうろたえるアタシ。

というわけで翌日張り切って全国ツアーに出ました。題して「鞄鯖戦士ヴァナツアー2003「ゲッツ!テレポヨト」」ってお前はダンディ坂野か。しかも一人でツアーかよ。

いやぁ、大変でした。ウィンって広いのね…。散々走り回ってウィンの芳醇な味わいのするクエを楽しんできました。スターオニオンズ団かわいすぎ! シャントット様性格悪すぎ! ナナミーゴちゃんお茶目すぎw。

これはウィンに移籍する人も増えるわけだわ…。と一人納得しながら、発生しないだろうと思ってKenapa-Keppaに話しかけたらいきなり発生してしまった「夜に隠れて」のために夜のタロンギをひたすら走っていたアタシでした。

ちなみに名声はなんとか「まあまあ(サンドでいう「そこそこ」、2段階目)」になりましたとさ。