鞄鯖戦士はご機嫌ナナメでした。

2016年、5年ぶりにFFXIへ復帰したヘタレです。

今日のFF11ログイン


先週土曜日。


前回あえなく敗れてしまったプロマM「誓いの雄叫び」。各自で情報を集め、先行して終わらせているメンバーはその時の経験を皆に伝え、この日を迎えました。…って仰々しく始まりましたけども〜、いやぁ、難しかったんですにょ! 出てくるモンスターは3匹で、かつ「途中で武器を持ち帰る」などの特殊攻撃が豊富。この3匹をどう料理するかというのがミソでした。んで、1週間ぶりのリベンジです。
ミザレオ海岸からBCへの道のりは早くも手馴れたもので、全く問題なく進み準備完了! 今回は「とにかく1回突破しよ!」ということで、事前に打ち合わせたジョブの組み合わせで選抜、今の時点で考えうるベストの布陣で挑みました。


ネタバレイヤーンなので結果だけ…


勝ちました!!!!!!!11!!!!
イェァ!!!


いやぁ、よかったよかった!
アタシは控えに回りましたが、アタシがクリアしたみたいに嬉しいよ…。これで貴重なクリアのノウハウがたまったわけです。次回はアタシたち控え組の出番。頑張らないと〜〜!


その後「あー、このあと何する〜?」というノリになったので「…げ、げ、げんかいさん(消え入るような声で)」とお願いし(笑)ダボイの紋章採りに出発。オーブクエクリアしてない!と焦ったものの、「あ、誰かがクリアしてれば入れるよ〜」とアッサリオーブ問題解決(笑)。ぐんぐん修道窟の奥へと進み、現場に無事到着、紋章をゲッツしました〜〜〜〜! あああ、本当に感謝感激アメアラレ!(*'-')
あとはオズだけになりましたよ! まさかこんなに早く限界3突破が見えてくるとは…。これは頑張ってログインしてレベル上げするしか〜〜〜ヽ(`д´)ノ




日曜日。


というわけで早速レベラーゲ〜〜〜(笑)。玉出し始めてから15分後に誘われました。暗ナシ赤白黒(海外4日本2、全員58)で5番手。組みだしてからかなり時間がかかっていたらしく、それまでに入っていた赤さんがタイムアップ。代りに別の赤さんが入り、いよいよ狩りに出発です。
当初の狩場候補は「オンゾゾのtorema」。え〜〜〜〜、アタシ攻撃当たんないよ?(笑)。いやいや別にスキルがどーこーというわけではなく、ちょびっと早めのチョイスだということです。LSフレの話だと「前衛59はないときびしいんじゃないかなぁ」とのこと。ま、なんとかなるかーとテレポでメア石まで飛んだところでリダさんが「afk(離席します)」と言ったまま動かず。他メンバは既にトレマ沸きポイントに到着したのにまだ戻らない…。ありゃりゃ、どうしたもんかしら。他メンバから「うーん、戻ってこないね」「キックする?wwwww」(超意訳)と言葉が飛び交いつつ、お話し合いで「まだトレマは早い」と結論。リダのいるメア石まで戻ってグスのカニ・ゴブ狙いに変更することに。
ここでリダさがやっと復帰しました。「どうしたの?」と心配するメンバ。するとリダさん…


「いやー俺陸軍に勤めててさ〜w、バカな後輩が問題起こしたんで説教してたんよ〜w 正直スマンカッタw」(超超意訳)


ってアンタ軍人かい! てかゲームしてて平気なんかい!(笑)
おそらくUS ARMYなリダさんの指揮のもとやっとこさ狩り開始。相手はグスタフのカニとゴブです。ちょいと経験値低めでゴブ爆弾は相変わらずキツめなものの、狩り自体は非常に安定しました。それにしてもこのスポット、クフのカニ・トカゲ・ラプ、テリガンカニ・魚と同様人気がありますね〜。クフを除けば許容3PT程度の狩場ながらとっかえひっかえPTがやってきてはリンク発生さてエスケ〜の繰り返しが巻き起こる中、こちらPTの狩りは至って順調。1時間半ぐらいやって3000稼いだところでメンバ2名が「i gatta go」で離脱。そのまま解散となりました。


ま、経験値も狩り内容もなんら問題のない普通のPTだったんですが、PT編成に時間がかかったり、2名の離脱で解散になったりと、なかなか日本人PTっぽい感じだったのにはちょっとビックリ。あれれ〜、前だったら「5人で行っちゃえ〜」って動いたり、すぐに新メンバ補充して再開〜とかだったんだけどなぁ。
うーん、海外でも日本人PT的ノリになってきてるんでしょうか〜。アタシは楽しければどっちでもオケ! ご多分に漏れず今日のPTもめっさ楽しかったレベラーゲでございました。アハ♪