読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鞄鯖戦士はご機嫌ナナメでした。

2016年、5年ぶりにFFXIへ復帰したヘタレです。

今日の本 1/19

ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~

ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~

えー、巷で話題になっているこの本「ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~」。アタシも先日購入しました。
簡単に言うと、「雰囲気重視、ヴァナの背景設定が非常によくわかる!」って感じです。よく、設定資料集というとものごっつ細かく書いてたり、絵ばっかりで中身薄いです〜みたいなものがありますけど、そこらへんのバランスが結構うまく取れていて、適度な読み応えと掘り下げ方がいい感じ。まだFF11をやり始めて間もない人にも配慮がなされていますね。
その分、いわゆるコンセプトアート的なものは少ないので、絵を見たい!という方には物足りないかもしれません。でも、これは冒険者な皆さんには必携かも。ヴァナの隅々に重厚な設定がしてあって、それがさまざまなミッションやクエストなどに程よく絡んでいることがよーくわかります。これを頭に入れておけば、もっとFF11の世界を楽しめること請け合いです。


アタシ個人的には、もっと内容が濃くてもよかったかなぁと。こういう設定資料集はめっさ大好きなので、もっと国や町の細か〜い設定とか欲しかったな。でも、十分満足できました。DVDのサイドストーリーはそれなりで、見てるほうがちょっとこっぱずかしくなる感じが×(笑)。でもインタビューが見られたのはよい収穫でした。次期アベンドについての言及、次回パッチの作業既に入ってますよ、河本さんはブログなどをくまなく見て参考にしてますよ(笑)など、開発側の生の声が聞けたのは◎ですね!


個人的ツボをひとつ。
後半部分に三国(サンド、バス、ウィン)の詳細な年表が載ってるんですが、その中にあるバスの年表の最後のほうにこう書いてあります。


・第二次ミスリルラッシュ到来


…ねえねえ、それってミスリルマラソン*1のことですか!(*´Д`*)

*1:2002年7月ごろにピークを向かえた、店売りを軸にしたお金儲けの手段の一つ。つるはしを2ダースほど購入し、パルブロ鉱山へ移動。2階にある「ミスリルの砂粒」を大量に入手し、バスへ帰還して売店で売却すると、1時間で10000ギル以上の通貨を入手できた。これにより、つるはし以外をすべて倉庫にしまい、裸同然の姿でバスと鉱山を往復するプレーヤーが続出。ひたすら走ったりチョコボに乗って往復する様から「ミスリルマラソン」と名づけられた。7月頭に当たったパッチにより売却価格が修正されたため、以降ミスリルマラソンを行うプレーヤーは皆無となったが、その模様はヴァナディール・トリビューンに取り上げられた。価格設定のミスをついたお金儲けの方法としては先駆けの存在であるとも言えるが、実はこのミスリルマラソン、その後に導入された「採掘」システム誕生の端緒となったことはあまり知られていない。参考→http://www.playstation.jp/psstyle/talk/23/01.html