鞄鯖戦士はご機嫌ナナメでした。

2016年、5年ぶりにFFXIへ復帰したヘタレです。

サマーカーニバル終了。インタビュー関連情報まとめたよ



なにこのテキストバナー(笑)
エンターブレイン主催「サマーカーニバル」、無事に先週開催されました。以下は実際に足を運ばれた方のレポートなど。


eLeMeN - ファイナルファンタジーXI SUMMER CARNIVAL 2005 REPORT
http://www5.plala.or.jp/SQR/news-log-summercarnival.html
マイケルのゴブ紀行 -番外変-
http://blog.livedoor.jp/roaming_sheeps/archives/30757357.html (ネタバレあり)
http://blog.livedoor.jp/roaming_sheeps/archives/30760143.html
http://blog.livedoor.jp/roaming_sheeps/archives/30762770.html
ファミ通公式記事
http://www.famitsu.com/game/news/2005/08/27/103,1125149476,42668,0,0.html


カーニバルの記事を拝見していると、かなーり濃い内容だったみたいで羨ましさ爆発。アタシは記事を読みながら「クキー!」を連発してました!(笑)。
今回の目玉はMCのミニスカおねえちゃんが鞄鯖にいるプレーヤーさんでプレーヤーならではのツッコミ大炸裂…ではなくて(笑)、なんといっても浜村通信氏とタナーカさんのお約束対談でしょう。去年は空蝉弱体について浜村さんの華麗なスルーパスが決まり会場を爆笑の渦に巻き込んだこのセッション。今回もキツメのスルーパスがバシバシ決まった模様です。
以下、アタシの方で纏めてみました。かなりざっくりと炒めて塩コショウしてありますので(´_ゝ`)(上記ページから引用し、かつ纏める目的で一部を編集しています)、詳細は必ず上記サイトさんを参照してくださいな♪。



(eLeMeN)はeLeMeN
(管ブログ)はマイケルサイト -ブログ番外変- : イベントレポート速報版・上(バージョン3)より引用

(拡張ディスクについて)
拡張ディスクに関してはもうすぐお知らせ出来るかと。拡張ディスクはプロマシアの呪縛とは違うコンセプト、別のベクトルで開発。新しいエリアが追加されるのは確実。(eLeMeN)
浜村:「拡張ディスクは製作されてますか?」
田中:『えぇもちろん、鋭意製作中です。もうちょっとしたら発表できると思います』
田中:『ジラートプロマシアとも全く違う物になります。』
浜村:「やっぱり・・・マップ追加というとアレですか?カザムの下にミスラだらけの島とか・・・」
会場笑(管ブログ)


プロマシア以後)
プロマシアの呪縛に登場したNPCでミッション後に関わりの無くなった人に関しては、後日談として今後お届けできるかも。(eLeMeN)
浜村:「プロマシアも完結しましたけども、次のバージョンアップはいつごろになるんでしょうかねぇ?」
田中:『うーんまぁ・・・(言葉を濁す)』
浜村:「9月とか・・・10月とかかな?どうなんでしょうかねぇ?」
田中:『(明言しない)』
浜村:「まぁ秋口ですかね!」

            • -

浜村:「プロマシアは終わってしまったんですが、その後は?」
田中:『キャラクターに関連したストーリーをバージョンアップでちょっと追加する予定(?)です』(管ブログ)


(デュナミス)
デュナミスにそろそろ新しい動きがあるかも。今までのデュナミスはそのまま。(eLeMeN)
スタッフ:『デュナミスはデュナミスとして残しますが、また別にアライアンス(の人数)を超えて入場できるようなものを検討しているところです』
浜村:「それはまた今あるマップを使ってというものですか?」
スタッフ:『それは・・・』(管ブログ)


(マートキャップ、全ジョブ制覇、レリック)
全ジョブ75の人が現時点で4人もいる。マートキャップ所持者は更に数人。(eLeMeN)
スタッフ:『全サーバーを調査しましたら、全レベルが75の方が4-5人いましたね』
会場どよめく
浜村:「本当ですか!?いったいどんなご職業なんでしょうかね!?」
会場爆笑(管ブログ)
…このほか、既にレリック最終形態に到達した方もいらっしゃるとの言及があった模様。


(アスリン・アーチャー・クジャクなど)
アストラルリングは"闇夜の舞姫"と"三つの葛籠"で、アーチャーリングは"噂のスライム"で、クジャクの護符は"光る眼"で、皇帝羽虫の髪飾りは"降下猟兵"で、リーピングブーツは"石竜の双璧"で、それぞれドロップ。
アストラルリングは25%、クジャクの護符は5%程の確率。(eLeMeN)
浜村:「ドロップ品はどこへ?」
田中:『長年独占状態が続いていたので、とっておきの策をね。とっておきでもないか(笑)そこらへんは彼に』
スタッフ:『えー既存のアイテムをRare・EXにしたんですが、その元のアイテムはどこで
出るようになったのか。ちょっと纏めてきました』
(ここで、アスリン・皇帝・孔雀等の新しいドロップ先を表にして公開。会場からどよめきが)(管ブログ)


(ジョブバランス・新ジョブ)
槍の強いジョブはいい方向に修正。
狩人の遠隔は最適距離があり、その距離付近で最大のダメージを出せるようになっている。最適距離は、投てき→銃→ショートボウ→クロスボウ→ロングボウ、の順で遠くなる、との返答。 (eLeMeN)
浜村:「ジョブバランスとかは今後どうしていくのでしょうか?」
浜村:「例えば・・・『俺は槍強いのに何で誘われないのかなぁ』という方とか・・・」
会場から大きな歓声が&拍手 スタッフ一斉に苦笑
浜村:「槍の強い方ねぇ」
スタッフ:『槍の強い方は、強化策を考えています!』
会場:おおおーーーー!
浜村:「最近、ボク狩人上げてるんですけどねぇ・・・・・・?」
会場爆笑&拍手 スタッフ一斉に苦笑
スタッフ:『遠隔攻撃は近接でも当たってパフォーマンスがちょっと良すぎたので、ちょっと離れた所から打つと良いダメージを与えられるように変更しました』
スタッフ:『具体的には、投擲・銃・ショートボウ・クロスボウ・ロングボウの順にもっとも良いダメージが与えられる距離が長くなっています』(管ブログ)
…お約束(笑)。「槍の強い方」という表現はほぼ間違いなく竜騎士を指していると思われる。事実上の竜騎士強化を言明か。また、新ジョブについては何年も前から検討していると言明した模様。具体的計画の有無は不明。


(アビリティの追加)
アビリティの追加にメリットポイントが使われる可能性がある。(eLeMeN)
浜村:「新しいアビリティーとかは?」
スタッフ:『導入しようかと考えています』
浜村:「どのような形で?」
スタッフ:『メリットポイントあたりを・・・(明言せず)』
浜村:「おおー!これは溜めといた方がいいかもしれませんね!」(管ブログ)


(謎の装置)
謎の装置のパスワードは、キャラクターの名前頭三文字がヒント。(eLeMeN)
浜村:「謎の装置のパスワードありますよね?あれって実装されているんですか?」
スタッフ:『担当者がいないので、聞いてきた情報をそのままお伝えします。『PC名の頭文字三文字』と・・・いうことみたいです』
浜村:「うーん、よくわかんないですねぇ?」
司会のおねーちゃん:「答えじゃないですか???」(管ブログ)


召喚獣
浜村:「まだ登場してない召喚獣はいっぱいいますがその辺は?サーバー名とかにもありますよね」
田中:『流石に全部はアレですが、まぁ歴代の有名な召喚獣などは検討しています』
スタッフ:『あとはタイミングですね』(管ブログ)


ホントにざっくりと纏めたらこんな感じになりました。繰り返しになりますが、ぜひ各ページをご覧くださいませ!
今回の対談で一番のポイントはやっぱり不遇ジョブとして定着してしまった竜騎士へのテコ入れでしょうね。今回の対談でもかなり強めの口調で言明されていたそうで、(管)さんのブログで紹介されている海外イベントでのQ&Aセッションでも言及があったようです。こちらのセッションでは外部ツールに関しても回答があったそうなのでぜひご覧になってみてくださいです。
狩人修正の説明や、代替アイテムのドロップ手段の公開(アタシが覚えている限りでは初めて)など、前回よりもかなり突っ込んだ部分のお話が出たみたいね。対話の姿勢を明確に見せているのは非常に良い流れだと思うので、もっともっとそんな側面を見せてほしいなぁと思ったアタシなのでした。

上記はヴァナ通信のバス号なんですが、この次に出るのが「サマーカーニバル号」だそうなので、ぜひこちらをゲッツして詳細を確認したいと思います〜。アタシ的にはMCのおねえちゃんがえらく気になってます(笑)。前回のカーニバルはウェブ配信があったので浜村さんのスルーパスがカンタンに見られたんですけど、今回はこのヴァナ通信に収録されるみたい。うーん、待ちきれません!(笑)。