読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鞄鯖戦士はご機嫌ナナメでした。

2016年、5年ぶりにFFXIへ復帰したヘタレです。

ゴイゴイ、フォーエバー!


このブログと全然関係ない話題なんですけど、思うところあって書きます。
アタシ、昔からテレビ神奈川の番組「sakusaku」のファンで、PUFFYがMCだったころからちょくちょく拝見していました。ここ数年俄然内容が面白くなり、今のMCである木村カエラさんが登場してからはさらにイカした番組に。なんか、ライブハウスで見つけたバンドを心底応援しているような気持ちで、今も見続けています。
今年に入ってから、人気キャラクターである増田ジゴロウの降板→白井ヴィンセント登場など、いろんな話題を振りまいていましたが、長年番組を黒幕氏と共に支えていた「ご意見番」こと金田真人さんが、先日亡くなったのです。
まさしく、ご意見番さんは番組にとってなくてはならない存在だったと思います。一視聴者から見ても、その存在感は圧倒的で、番組そのもののカラーを決める重要な役割を担っていたはず。ヴィンちゃんの声も決まり、さあこれから再出発だというときに届いた訃報…。スタッフの皆さんの心中は、察するに余りあります。


昨日。ご意見番さんが亡くなってから初めて収録されたsakusakuを拝見しました。
カエラちゃんが涙を流し、ヴィンちゃんが震える声で「海老名のうた」を熱唱し、米子さんが気丈にスクラッチをする様を見て…、アタシは泣きました。
テレビを見てこんなに泣いたのは久しぶり。
ご意見番さんの遺志を受け継ぐべく、番組を作っているキャスト・スタッフの悲痛なまでの思い。それはどこまでもせつなく、かなしいものでした。
こんなに、番組というものに愛情を持っている人たちがいる。そんな気持ちを、そんな思いを、アタシは画面を通して受け取ったような気がしています。




今はただ、天国から突っ込みを入れているであろう、ご意見番さんのご冥福をお祈りするばかりです。
安らかに、お眠りください。ゴイゴイ、フォーエバー!