鞄鯖戦士はご機嫌ナナメでした。

2016年秋、5年ぶりにFFXIへ復帰しました。現在カーバンクルサーバ(鞄鯖)で遊んでいる15年選手のブログです。

2年ぶりの我がヴァナ・ディール

Aliceです。

アタシが復帰したのは今年の4月ごろでした。

LSの仲間と再会して、それからお礼参りじゃないけど、一通り三国回ってから「白門いこうかなあ」とオルドゥームリング使ってアルザビにたどり着いたら、なんだか聞きなれたBGMじゃない別の曲がかかってて、アレ、アルタナ導入でBGM変わったのかなあ、好きだったんだけどなあ…と感慨にふけっていたら、LSフレに「アリスちゃん、ビシージだからwww」と指摘され、人生初のビシージをなし崩し的に体験してしまい、4回ちんで経験値1400ばかしゲッツしたのはナイショです。

その後、倉庫キャラにログインしたら、植木鉢に穀物の種が植わっていて、全部「カリカリクポー」になってました。10鉢。

モグちゃん…、2年もこんな枯れ木を世話させちゃってゴメンね…。



今はひたすらカンパニエやってます。

それだけまだFF11に割ける時間がないのです。メインジョブで運がよければ20分1セットで経験値が1200ぐらい稼げる。2年前のアタシにとって、そんなFF11は夢のまた夢でした。今では62だったナイトも64まで目前。しばらくはこの生活が続きそうです。せめて自力リレイズができるようになる66までは行きたい所存。

この前、久しぶりにサポ白を上げに巣へ行きました。日本人PTでレベル上げです。

下手すると3年ぶりくらいの白でした。PTメンに「すいません、久しぶりの白なので、間違ってたら教えてください…」と謝ったら、快く「だいじょぶ!」と励まして下さいました。嬉しかった…。

最初はまごついたものの、その後は安定。慣れてくると結構思い出してくるもんだわね。途中3匹リンクを処理できず、やむを得ず女神を打ってしまったのが悔やまれます。うーん、ナイトのクセが出ちゃいますね…。反省しきり。

でも、その後は非常に順調な狩でした。31→33。最後にヴァナが二年ぶりなことを話すと、皆さん感動してくれて…。

あああ、やっぱりFF11に戻ってきてよかった。そう思いました。



2年ぶりのヴァナは、いろんなものが変わってまして、アタシ的には全然追いついてない感じです。まだチョコボ育成もしてないし。ナイズルって、エインヘリヤルって何ですか? みたいな。

ただ、強烈な印象として残っていることが一つあって。

スクエニさん、変わったなあ、と。



この日記でいろいろスクエニさんのことについて書いてきて、そのつどアタシは「CS(顧客満足度)が!」みたいなことを叫んでましたっけ。でも、書いてる自分は「そういっても、大きな企業さんだし、そんなにエレガントには変わんないんだろうなあ」と思ってたりして。

アタシがまだ知らないだけなのかもしれないけど、2年前から記憶が止まっていた自分に映ったのは、スペシャルタスクチームとか、カンパニエとか、その他の沢山の変更から垣間見える、スクエニさんのCSに対する向上心でしたね。

まだやっぱりPTレベル上げが主流なんだろうけど、カンパニエがLV75までのソロレベル上げへの道筋をつけたことは大きいと思う。それに、これもホントのところはわかんないんだけど、競売の価格が2年前と対して変わってなくて、むしろ高額商品の一部がちゃんと下がっていたのは感心しました。それはつまり、細かいところは別にして、大まかなギルコントロールができていることを意味するから。


今やってる「モグボナンザ」も、昔のスクエニさんでは到底発想できなかった(あるいは、発想しても採用されなかった)ギル回収手段だと思うんです。1等1億ギル、という高額賞金と垂涎の賞品の数々が目に付きますけど、1等の当選確率は理論上100,000分の一。モグボナンザは1個1,000ギルだから、確実に1等を当てるには1億ギルが必要という計算になります。

リアルの一般的な宝くじの場合、1等の確率は2,000,000分の一(20組発売された場合)で、1枚100円のときで1等10,000,000円だから、1等を確実に当てるのに必要なお金は2億円。一般に、宝くじにおける売上金から当選金を引いた「胴元へのテラ銭」は全体の50%って言われてるけど、このモグボナンザはどうなのかな〜。

宝くじについては、みんなが小額の負担で夢を見られて、スクエニにとっても確実にギル回収が出来る手段だと思っていたので、ずっとやればいいのにと思ってたんですけど、こんなステキな形で実現してくれて本当に嬉しかったです。


あとは最近のスペシャルタスクチームの報告かな。アタシが口をすっぱくして言ってた「もっとやってるならやってるって言えばいいのに」をそのまま実践されてるのは、見ていて好感を持ちました。他のサイトを拝見するとまだまだ追いついてないところがあるみたいですけど、とにかくちゃんとアピールをするようになっただけでも、アタシ的には大きな前進だと思います。



フレ曰く、まだグダグダなところは多々あるそうですね。でも、アタシはソレも含めて、できるだけフラットなところからこれからのヴァナ・ディールを見ていきたいな、って思ってます。

もう6年。利用者が大幅に増えることはなくなったけど、未だにアクティブ50万という数字をキープしているのは、素直に拍手していいと思う。だからアタシは戻ってきました。戻ってもダイジョブ。時間の取れないアタシでもまだまだヴァナで生きていける、そう思ったから。



アタシは、今日もジャグ(過去)の森を走り回っています。